治療と職業生活の両立支援

治療と職業生活の両立支援

事業場における治療と仕事の両立のための取組・両立支援制度の導入等を支援します。治療を受けながら安心して働ける職場づくりのために

疾病を抱える方の中には、仕事上の理由で適切な治療を受けることができなかったり、疾病に対する自分自身の不十分な理解や職場の理解・支援体制不足により、治療と仕事を両立することが困難になったり、離職を余儀なくされたりする事例がみられます。また、多くの企業が疾病を抱えた従業員の対応に苦慮しているという現状もあります。

福島産業保健総合支援センターでは、福島県内の事業場における治療と仕事の両立のための取組・両立支援制度の導入等を支援するため、無料で以下のサービス等を実施しています。

1個別訪問支援
これから両立支援に取り組む企業等の依頼を受けて、両立支援促進員(保健師等の専門家)が事業場を訪問し、治療と職業生活の両立支援に関する制度導入の支援や管理監督者、社員等を対象とした意識啓発を図る教育を実施します。
2事業者啓発セミナー
平成28年2月に厚生労働省から示された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」等の普及・啓発を目的とした事業者等を対象とするセミナーを実施します。
✽詳細は「研修会」ページをご覧ください。
3個別調整支援
両立支援促進員が、事業場に出向いて個別の患者(社員)に係る健康管理について、事業者と患者(社員)の間の仕事と治療の両立に関する調整支援を行い、両立支援プラン・職場復帰支援プランの作成を助言、支援します。この支援は、患者(社員)又は患者(社員)から主治医の意見書が提出された企業担当者や産業保健スタッフ等からの申出により実施します。
✽支援の実施に当たっては、ご本人の同意が必要になります。
4窓口での相談対応
治療と職業生活の両立支援に関する相談に、電話、メール、面談等により対応します。
✽面談は予約制です。

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン

本ガイドラインは、がんなど治療が必要な疾病を抱える労働者が、業務によって疾病を増悪させることなどがないよう、事業場において適切な就業上の措置を行いつつ、治療に対する配慮が行われるようにするため、関係者の役割、事業場における環境整備、個別の労働者への支援の進め方を含めた、事業場における取組をまとめたものです。

のページのトップに戻る

Copyright © 福島産業保健総合支援センター All Rights Reserved.